FC2ブログ
まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
第192期 日本近現代史教室
第192期関西労働学校
日本近現代史教室

歴史のなかの「天皇」
―主権者として「象徴天皇制」を考える

日程=6/5(水)~8/7(水)、毎週水曜日
     全10回、6:45~8:45pm
 ▽会場=関西勤労協(森ノ宮)
 ▽講師=西尾泰広、他(関西勤労協講師)
 ▽テキスト=「レジュメ・資料」500円
 ▽受講料=12000円(テキスト別)

① はじめに―「天皇制」を歴史的に考える
② 前近代の「天皇」
③ 近代天皇制の形成
④ 近代天皇制の展開
⑤ 昭和天皇と十五年戦争
⑥「象徴天皇制」の成立
⑦ 戦後日本と「天皇制」
⑧「昭和の終焉」と「平成の代替わり」
⑨「平成の天皇制」の展開
⑩ おわりに―「令和の代替わり」と「象徴天皇制」を考える

   【お問合せ/申し込み】
  関西勤労協
電話:06-6943-1451
FAX:06-6942-3923



192期近現代史
192期近現代史 ウラ
関連記事
スポンサーサイト
[2019/05/04 17:17] | 未分類 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR