まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
近現代史教室2回目の様子
第2回目は、アヘン戦争、インドの大反乱、ペリー来航、
開港後の人々の生活、幕末の民衆などの話をしてくれました。

アヘン戦争が、どのようにして起こったのか?
インド大反乱は、イギリス軍人の差別を受けて起こった。
ペリーは、琉球に寄港してから、日本に来航した。という話や、
ドルと銀貨を重さで交換することになったが、それを知った外国人が
両替屋に押しかけて、大量の小判が海外へ流出した話。
開港後、物価も米価も上がり、人々の不平・不満が重なり、
打ちこわしがおこった話は、挿絵や写真などを見ながら、
説明をしてくれたので、より分かりやすく講義を聞けました。
打ちこわしの挿絵は、米俵をいろんな人がこわして、米が散らばっている
絵なのですが、そんな中で、端にほっかむりをした人が米を盗んでいて、
「他の人は堂々としているけど、ほっかむりをしてる人は何か事情があったのか?」
など、自分では見落としてしまいそうな所まで説明をしてくれて、教科書をじっくり
見ると面白いなと感じました。

交流会は、「昭和、平成でよくなったこと、わるくなったこと」
を交流しました。
昭和(昔)の事では、
「テレビで司会者が、たばこを吸いながらしていた。」
「タバコを吸っていてもおおらかだった」
「子どもも自由だった」などが出ていました。
平成(今)の事では、
「スマホができてすごい」
「今の子どもは、気を使ってる」
「子どもは、テストで評価され、落とすような評価がされている」
「LGBTの人が公表でき、認められるようになった」
など、時代時代で、良いことも悪いこともあるんだな~と思いました。
でも、今のアベ政治は、社会を悪くなる一方なので、変えていかないと
いけない!!!と思うので、たたかうためにも、学んでいこうと思います。




関連記事
スポンサーサイト
[2018/06/17 18:24] | 近現代史教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR