まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
第189期 近現代史教室
近現代

歴史教科書問題と現代日本
―学び舎『ともに学ぶ人間の歴史』に学ぶ日本近現代史―
民主的な現場教師集団による中学校歴史教科書をテキストに!
日本近現代史教室

6月6日(水)より 毎週水曜日
講師=西尾泰広、他 (関西勤労協講師)
テキスト=『ともに学ぶ人間の歴史』+資料(1000円)
会場=関西勤労協会議室(森ノ宮)
※ この教室の講義時間は、午後6時45分~8時45分です。

 トランプ大統領の「うそ」は、就任1年で2000回を超えたといいます。ご存知のとおり日本でも、そして大阪でも、権力者がウソやデマ、ごまかしを重ねています。「モリ・カケ」問題も、裁量労働制も、自衛隊の日報問題も、「都構想」も……
 歴史問題や憲法問題をめぐっても、「慰安婦の強制はなかった」、「アジア太平洋戦争はアジア解放の戦いだった」、「憲法は敗戦国日本に押し付けられたものだ」、「東京裁判はただの復讐劇にすぎない」などなど、歴史的事実を無視した言説が大手を振ってまかり通っています。その影響は、子どもたちが学校で学ぶ際に使われる歴史教科書にもおよんでおり、時の政権に「忖度」した教科書作成や検定が行われ、そして歴史の事実がゆがめられて子どもたちに伝えられようとしています。
 歴史の真実にもとづいて日本の近現代史を見つめなおし、日本国憲法の歴史的意義をとらえなおすことが、あらためて求められているのではないでしょうか。
 そんななか、厳しい検定制度をかいくぐって、斬新で意欲的な中学歴史教科書が登場しています。それが、学び舎『ともに学ぶ人間の歴史』(2015年)です。だれに「忖度」することなく、歴史の事実と歴史研究の成果をふまえて編集されたもので、①子どもや女性に光を当て、②時代を生きる人々の姿、新しい時代を開く民衆の声をいきいきととらえ、③東アジアから、世界からの目で、日本史を把握し、④戦争の現実を見据え、平和を考え、⑤主権者として現在の課題に向きあう、ことを目指している教科書です。
 そこで、今期の本教室では、この学び舎の教科書『ともに学ぶ人間の歴史』をテキストにして、日本の近現代史を学習することとしました。学生時代に歴史が好きだったという方はもちろん、どちらといえば苦手だったという方も大歓迎です。歴史は暗記科目だ、というイメージが崩れ去ること間違いないでしょう。
 中学生に戻った新鮮な気分で共に学びましょう。多くの参加を期待しています!
                              西尾泰広

① 6月 6日 世界は近代へ(1)
② 6月13日 世界は近代へ(2)
③ 6月20日 近代国家へと歩む日本(1)
④ 6月27日 近代国家へと歩む日本(2)
⑤ 7月 4日 帝国主義の時代(1)
⑥ 7月11日 帝国主義の時代(2)
⑦ 7月18日 第二次世界大戦の時代(1)
⑧ 7月25日 第二次世界大戦の時代(2)
⑨ 8月 1日 現代の日本と世界(1)
⑩ 8月 8日 現代の日本と世界(2)
関連記事
スポンサーサイト
[2018/04/14 23:34] | 未分類 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR