まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
『186期 資本論入門教室』ご案内
第186期 『資本論』入門教室
『資本論』発刊150周年記念

6/1(木)~8/3(木)
毎週木曜日(全10回)
6:30pm~8:30pm
講師:東野 宏昭 (関西勤労協講師)
会場:関西勤労協会議室(森ノ宮)
テキスト:『テキスト』(勤労協)

第1回 「商品」から『資本論』は始まる――科学的経済学の第一歩
第2回 商品と貨幣――どのようにして商品から貨幣が生まれるのか
第3回 商品生産社会――なぜ、モノとカネが支配する社会になるのか
第4回 貨幣と資本――資本は、最初は貨幣として現われる
第5回 労働者は資本家に何を売るのか――労働力が商品になる
第6回 資本と剰余価値――資本主義の搾取の仕組みの解明
第7回 労働時間の短縮こそ先決条件――イギリスの労働時間短縮闘争に学ぶ
第8回 労働の生産力はどのように発展するか――協業、分業そして産業革命
第9回 機械制大工業と労働者――未来社会の担い手の成長・発展
第10回 資本主義の発展の歴史的傾向――労働者階級の人類史的使命

発刊 150 年の『資本論』、楽しく学んで元気に    ~東野宏昭~

『資本論』との 50 年前の出会い 50 年前(1967 年)の『資本論』との出会いが、私の生き方の方向を決めました。 20 歳、化学を学ぶ学生でした。『資本論』発刊 100 年、マルクスという人物もよく 知らないまま、なんとなく手にした『資本論』の第 1 章、冒頭の文章に驚きました。 「資本主義的生産様式が支配している諸社会の富は、『商品の巨大な集まり』として 現われ、個々の商品はその富の要素形態として現われる」(第 1 章 商品)

『資本論』と化学 「物質は、原子や分子の巨大な集まり」からできています。だから、物質の構成要 素である原子・分子から化学の教科書は始まります。マルクスの「経済学」と「化学」 との共通点から親近感を抱いて、『資本論』の世界に吸い込まれていきました。最大の 難関とされる「価値形態」のところで、また驚きが・・・・。 「酪酸は蟻酸プロピルとは異なる物体である。・・・・蟻酸プロピルが酪酸に等置され ることによって、酪酸の化学的実体がその物体形態から区別されて、表現されるであ ろう」(第 1 章・第 3 節 価値形態または交換価値)

強烈な臭いの酪酸と、芳香性の蟻酸プロピル・・・・これらの物質臭を実際に実験室で嗅ぎ ながら、この難解な一文を何回も何回も反復しました。マルクスが化学異性体を例にし てくれたお蔭で難関の「価値形態」がなんとか理解でき、そのあとは、貨幣、資本、剰 余価値・・・・と比較的、順調に読んでいきました。学校を卒業する頃には「搾取論」だけ は身についていたように思います。

労働者として『資本論』を読む    厳しい 3K 職場の中で苦しみながらも、『資本論』は、労働者として働く誇りと喜び を与えてくれました。その後の転職、病気・・・・、いつも『資本論』だけは手許にあり ました。「第 8 章 労働日」、「第 13 章 機械と大工業」が、生きる勇気を与えてくれま した。そして「未来社会論」・・・・。

発刊 150 年をむかえた『資本論』    6年前の第 171期から、吉井清文先生(関西勤労協・名誉会長)のあとを引き継いで、 経済学教室を担当させてもらっています。受講生の皆さんの暖かい励ましが、私の元 気の源泉となっています。  発刊 150 年の 2017 年。この機会に、あなたも、楽しく元気に『資本論』を学んでみ ませんか。あまり難しく考えないで、気軽にご参加ください。

 

aligncenter size-full wp-image-2340
関連記事
スポンサーサイト
[2017/05/24 22:03] | 経済学教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR