まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
185期日本近現代史教室7回目
 185期日本近現代史教室の第7回講義が3月22日に行われました。講義タイトルは「ベトナム戦争と復帰運動のなかの沖縄」でした。
 
 1960年代から1970年にかけての時代の出来事を学びました。
 ベトナム戦争にアメリカが本格的に介入していくことで、沖縄は最前線基地としての役割を担わされました。そのため、戦闘機、爆撃機、給油機などの配備と飛行が激増し、道路も米軍がわがもの顔で使用し、様々な事件が起こされました。信号を渡っていた中学生が、信号無視でつっこんできた米軍車両に轢殺された事件。空からトレーラーが落ちてきて下にいた小学生が圧死する事件。などなど、想像を絶する事件が起こされ、しかもその犯人はしっかりと裁かれることはありませんでした。

 このような状況の中、「アメリカ軍が人殺しをするために沖縄の土地を使わすわけにいかない」と、土地を守ることと、ベトナム戦争反対の運動とが結合していきます。
 そして、基地のない沖縄を目指し、日本復帰を果たすことをかかげて、復帰運動が発展し、本土との連帯も進みました。

 次回講義は、「復帰後の沖縄」がテーマで、不可能と言われた、沖縄の日本復帰を勝ち取ってからの沖縄を学びます。
 
また、第9回目の講義を公開講義としますので、どなたでも気軽にお越しください。
 4月5日(水)午後6時45分からです。テーマは「沖縄と教科書」です。

毎回、感想交流後に行っている交流会、今回は、来期の呼び掛け文を皆さんで、読んでみて感想など出し合いました。
今話題の「森友学園」「森友学園の予定地の見学体験」「瑞穂の國小学院」「学校の木造建だと、補助金が出る」「塚本幼稚園児の教育勅語の暗唱・運動会の安倍首相の宣誓(エール)」「君が代・国家」「日の丸」「育鵬社の教科書は、海外では通用しない!!」など話がつきない交流会となりました。「教育勅語」をスマホで現代風に読んでもらい、背筋が冷たくなるような内容でした。

関連記事
スポンサーサイト
[2017/03/28 22:08] | 近現代史教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR