まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
自然科学教室 第5回 「エネルギーとは何か」
さて、前回4回目の講義「運動の法則」を踏まえ、
5回目は「エネルギーとは何か」についての講義でした。

荷物を運ぶ、階段を昇る、機械を動かす、光や熱、電気、化学反応に生命現象など私たちの生活にエネルギーは欠かせません。

このエネルギーとはなんでしょうか?物体の移動や運動の変化などエネルギーは「仕事」にかかわっています。

仕事の量が増えるほどにそれに必要なエネルギーも増えます、逆に言えばエネルギーを多く蓄えていればそれだけ多くの仕事ができることになります。

…という事で5回目は、
・運動エネルギー(質量と速度で表す)と位置エネルギー(質量と高さで表す)を合わせた力学的エネルギー
・運動エネルギーと位置エネルギーが互いに変換されても総量が変化しない
・運動エネルギーの熱エネルギーへの変換(動いている物体が止まる時に発生している)
・物質の三態(個体・液体・気体)を司る「温度」も粒子の持つ運動エネルギーの平均値によってきまる物理量
・電気的エネルギーと「電場」
・電気と磁気の働きによる「磁場」の発生
・「電場」と「磁場」の相互関係による「電磁波」の確認
・物質内に蓄えられたエネルギー(化学エネルギー)について
・原子核の安定性
・核融合と核分裂
・放射能と放射線
・エネルギーとエントロピー

などなど、盛りだくさんのエネルギーについての講義でした。
光も電磁波の一種であるからこそ反射や屈折すること、虹の色に例えられる可視光(紫・青・緑・黄・橙・赤)の範囲(380~770nm(ナノは10-9))の小ささ、α線(プラスの電荷を帯びたヘリウム原子核が飛んでいるもの)、β線(マイナスの電気を帯びた電子がとんでいるもの)、γ線(高エネルギーの電磁波で、性質の異なる物質を二次的に作り出す)の性質、エントロピー(乱雑さ)が大きくなる事(エネルギーの質の悪化)を部屋が散らかるイメージで教えてもらえたりと、難しくも興味深く、面白く聞けた講義でした。

関連記事
スポンサーサイト
[2017/03/11 15:19] | 自然科学教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR