まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
185期日本近現代史教室第3回目
 185期日本近現代史教室の第3回講義が2月22日に行われました。講義タイトルは「沖縄戦のなかで」でした。

 日本の戦争で唯一住民を巻き込んだ地上戦が繰り広げられた沖縄。住民の4人に1人が犠牲になった沖縄戦。
 沖縄戦とはどのようなものだったのかを、写真などの資料も使い学びました。
 日本軍がいない所では集団自決が起こらなかったことや、軍隊は住民を守らないというはっきりとした事実を学ぶと、平和のための軍隊なんてありえないのだと感じさせられますね。
 軍隊や軍事基地というのは戦争するためのもの。戦争は必ず悲惨な結果が付きまとうもの。などのことを沖縄戦を学ぶことではっきりと知ることが出来ます。

 今回の交流会は、「お食事交流会」第1弾でした。日本国憲法成立過程の番組の話や、実は講師の後輩だという話などが出され、飲んで、食べて、しゃべっての交流でした。

 次回、第4回目の講義は、3月1日で、「米軍支配の始まり」です。

 
関連記事
スポンサーサイト
[2017/02/28 12:19] | 近現代史教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR