まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
「現代を生きる基礎理論教室」第2課
「現代を生きる基礎理論教室」第2課

ものの見方考え方(2)
弁証法について学びました。

例として出されたのが
畑田重夫先生が
「同じ本(古典)を20回読む」とおっしゃったエピソードです。

量的変化と質的変化の相互転化ですね。

感想タイムでも
話題になりました。

交流会は、
「怖いもの」をテーマに
自由発想ゲームしました。
関連記事
スポンサーサイト
[2017/02/19 08:26] | 総合教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR