まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
第185期 「現代を生きる基礎理論教室」
第185期 「現代を生きる基礎理論教室」
2/10(金)~4/14(金)  
毎週金曜日(全10回)
6:30pm~8:30pm
講師:関西勤労協チューター団(箕作勝則、他)
会場:関西勤労協会議室(森ノ宮)
テキスト:『講義レジュメ集』(勤労協)500円
① ものの見方・考え方(1)
② ものの見方・考え方(2)
③ 社会と歴史を科学する
④ 資本主義と搾取のしくみ
⑤ 賃金・労働時間・働き方を考える
⑥ 現代資本主義の特徴――大企業の支配
⑦ 労働組合とは何か
⑧ 日本社会の現状と国政の革新
⑨ 特別講義「憲法を平和と暮らしに」
⑩ 社会発展の展望と私たちの役割
戦争法の強行成立、原発再稼働、
TPP参加、米軍新基地建設、
雇用破壊、憲法改悪、
そして消費税増税と社会保障の切り下げ……。
国民多数の願いがふみにじられようとしています。
そもそも国家は何のためにあるのか。
すべてが「自己責任」なら国家はいらない。
労働者・国民がまともに生活できない国なんておかしい。
どうしてこんな政治になっているのか。
なぜ多くの人たちが反対しているのに悪政が次々とすすめられるのか。
どうしたら世の中は変わるのか…。
こうしたことの原因やしくみがわからなければ、
解決の道もひらかれません。
「現代を生きる基礎理論教室」では、
社会と人間の根本を明らかにした
科学的社会主義の基礎理論を全体にわたって学びます。
基礎的な内容ですから、
初めて労働学校に学ぶみなさんはもちろんのこと、
総合的・基本的な内容ですから、
いろんな運動をすすめておられるみなさんが
自分の実践をふりかえるにも最適の教室です。
老いも若きも、民間も公務員も、
産業を問わず職種を問わず、
いろんな人たちが参加していること自体にも
大きな意義のある教室です。
関連記事
スポンサーサイト
[2017/01/04 14:30] | 総合教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR