まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
近現代史教室講義7回目!!
第7回目の講義は、第2次世界大戦の時代の
話に変わりました。
第一次世界大戦の後の文化やヒットラーの独裁の話
満州事変についてや、南京大虐殺などの話をして下さいました。

1928年に、ミッキーマウスが誕生し、映画の中で自動車が出てきて
自動車時代が始まったり、1925年にはラジオ放送が始まったりした話や
チャップリンが「モダンタイムス」「独裁者」などの映画を作り、人気を集めた話
などされていました。
1933年にヒットラーが首相になり、独裁が始まり、1938年にはユダヤ迫害が
強まっていった話なども話されていました。
1931年に日本が、中国の満鉄の線路を爆破して、満州事変をおこしたり、
1937年12月には、南京を占領して、南京事件を起こした話も聞きました。
南京事件については、育鵬社の教科書を資料として、「多数の死傷者が出た。
犠牲者数は、様々な見解があり、今日でも論争が続いていると、書かれている
と説明してくれたのを聞いたときは、事実をのせたら批判を浴びるから、
曖昧な書き方をしているんだなと思うと、政府は、改憲をして同じようなことを
起こそうとしているのかなと思い、恐ろしくなりました。
政府にとって、自分の地位さえ守れたら、国民の命はどうでもいいから、
戦争に突き進んでいるんだと思うと、怖いと思いましたが、怖いと怯えて
いても解決はしないので、戦争は絶対に起こしてはいけない!と強く思いました。
感想では、チャップリンの話を聞いて、懐かしいと思った方や、映画を見たい
などを書いてる方がいらっしゃいました。

今回の交流会は、あいうえお作文をしました。
テーマは、「つゆあけ」「カジノ」でしました。
・つまらん ゆうわくに あったら けとばせ!
・つらいことがあっても ゆうき

・かんにんして じいじ のみすぎはあかんよ
・かったびーるは3本 じゅーすといいはる のんべえ

などが出ていて、それぞれ個性があっていいなと思いました。
参加者がもっといたら、よかったなと思いました(´・_・`)
スポンサーサイト
[2018/07/19 18:22] | 近現代史教室 |
名称未設定-1
●学習会の案内です●

マルクス生誕200年記念学習集会

『マルクスと労働者階級』
~労働者のたたかいと階級的成長が社会を変え、未来をひらく~

講師:牧野広義(関西勤労協会長)

7/21(土)
午後2時開会

国労大阪会館 大会議室
参加費:1000円
[2018/07/14 00:30] | 未分類 |
近現代史教室第6回目講義!
第6回目の講義は、第1次世界大戦やロシア革命と平和、
三・一独立運動や普通選挙などの講義でした。

第一次世界大戦がバルカン半島のサラエボで、セルビア人
青年が、オーストリアの皇太子夫妻を暗殺をきっかけに始まり、
両国とと軍事同盟を結んでいた国が次々に参戦し、大規模の
戦争になった。
ロシア革命は、世界で初めての社会主義革命だった。
この革命の影響もあって、世界各地で、植民地の独立を求める
運動や、労働者の権利を求める運動が強まった。
1919年3月1日、独立宣言が出され、朝鮮全土の都市や村でも、
盛んに集会が開かれ、独立を宣言する運動が行われた。
1925年 普通選挙法が制定。同じ年に、治安維持法も制定された。
などが話されていました。
第1次世界大戦は、すべての国民が動員され、たくさん市民が亡くなった
かと思うと、胸が詰まる思いと同時に、国や政府に対してとても腹がたち
ました(*`^´)=3
ロシア革命の影響で、世界各地に独立運動や労働者の運動など、
市民が声を上げてたたかってきたことを知り、私達も暗い歴史ではなく
明るい歴史を作るためにも、たたかい続けないといけないな!と改めて
思い、頑張っていこうと思いましたo(^▽^)o

交流会は、学習の友7月号の中の日本国憲法の基本原則
の箇所を読み合わせをして、感想を言い合いました。
表現の自由のところで、「ISには教科書があって洗脳されるようなもの」
と話されている人がいたり、文章に哲学的な箇所がある。と話されている
方もおられました。
[2018/07/12 18:55] | 近現代史教室 |
近現代史教室5回目の講義!
近現代史教室5回目は、帝国主義の時代について
話してくれました。
日清戦争、日露戦争の話や、韓国併合の話から
明治の教育や文化について、日本の産業革命の
話をされていました。
日清戦争は、朝鮮王宮に突入し、占領したことから始まった。
日露戦争は、海軍が旅順でロシア艦隊を攻撃し、陸軍は、朝鮮の
仁川を占領したことから始まった。
韓国併合で、学校では修身と国語(日本語)を中心に教えられた。
などの話を聞き、「日本は強いんだ!!」ということを見せるために
攻撃していったのかと思うと、人権というものは、当時は考えられて
なかったんだろうなと思いました。
友好的な交流をしていたら、平和な世界で、争うこともなかったのでは
ないかと感じてしまいました。
日本の産業革命の話では、製糸工場で働いた少女達の多くは
小作農の娘で、賃金は、家の借金を返すために使われたが、
生活は苦しかった。などの話も聞いて、今の時代も、生活に苦しんで
いる人がいるのに、政府は大企業やアメリカの言うことばかりに
従っていて、国民の事をバカにしているかと思ったら、
腹がたちました(*`へ´*)

今回の交流会は、「憲法ビンゴ」をしました。
憲法を再確認しながら、ビンゴをして楽しく交流できましたヽ(´∀`)ノ



[2018/07/09 18:18] | 近現代史教室 |
近現代史教室第4回目の講義&お食事交流会
第4回目の講義は、自由民権運動や五日市憲法
大日本帝国憲法などを学びました。。

自由民権運動が農民に広がっていった話や
植木枝盛は日本国憲法国憲案、千葉卓三郎は五日市憲法
など、いろんな地域で民衆たちが憲法を作った話などを聞きました。
大日本帝国憲法がドイツ帝国をモデルにした話や北海道や沖縄が
日本に組み込まれた話なども聞きました。

この時代に民衆たちが議論して日本国憲法の元となったものが
作られていたのは、すごいなと思いました。
死刑の廃止や政府が国憲に背くことをしたら、新しい政府を作る
ことができるなどの条文などは、「このまま日本国憲法の条文に
あったら、よかったのにな~思ってしまいました。
日本国憲法は、これからもずっと守っていかないといけないと
改めて思いました。
感想も、自由民権運動についてや、五日市憲法についての
感想が寄せられていました。

今回の交流会は、あかまつでお食事交流会をして、
楽しく交流しました(^∇^)ノ
[2018/07/02 18:29] | 近現代史教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR