まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
学習と交流のつどい
しみず
3月4日 学習と交流のつどいが開催されました。
「知らなかったではすまされない 今、学ばねば。都構想住民投票と改憲策動」をテーマに
前衆議院議員の清水ただしさんにお話いただきました。

3年前の住民投票できっぱり「都構想NO!」をつきつけたにもかかわらず、
ふたたび維新は都構想住民投票を持ち出しています。

それも「24区のままでいい」という
多くの住民の意思が表せない、
民主主義に反したやりかたです。

万博誘致も夢洲にカジノをよびこみ、
インフラ整備のための640億円をださせるためのものにすぎません。

区割り案も、議員達の利益のみが優先され、
そこに暮らす住民の思いや生活は全く考慮されていません。

それが清水さんのお話からハッキリとわかり、
絶対に都構想は阻止しないといけないと思いました。

万博や都構想に安倍政権が協力的なのは、
憲法を変えるために維新の協力がほしいからです。

自衛隊を憲法にかきこむことの危険性は、
自衛隊を危険な戦闘にまきこむだけでなく、
国民の自由や人権を制限することにもあります。

改憲阻止の3000万署名の意義をつかむことができました。

維新ー安倍政権の危険なつながりをつかみ 
市民と野党の共闘で打ち破ろう!という
学習会になりました。

学習会のあと、改憲阻止の3000万署名にとりくみました。

14人で30分で20筆あつめることができましたよ。

また、午後からは箕作勝則さんの案内で大阪城公園戦跡めぐりをしました。

今は、家族連れや観光客でのどかににぎわう大阪城公園が、
以前は兵器工場があったり、軍部がおかれたり、監獄まであったり・・・
一大軍事拠点だったことがよくわかりました。

また、教育勅語の碑や平和をのぞむ碑があったり、
さまざまな運動のせめぎあいを感じる場でもありました。

平和の大切さと運動の大切さを感じる戦跡めぐりでした
スポンサーサイト
[2018/03/10 11:00] | 未分類 |
牧野ゼミナール「マルクスの哲学思想を学ぶ」
2018年度・勤労協「牧野ゼミナール」

マルクス生誕200年記念

マルクスの哲学思想を学ぶ

講師=牧野広義(阪南大学名誉教授・勤労協会長)



 今年は、マルクス生誕200年です。いまあらためて注目されているマルクスですが、関西勤労協では、これまでさまざまな形でマルクスから学んできました。今回の牧野広義・関西勤労協会長のゼミナールは、生誕200年を記念して、新しい形でマルクスから学ぼうというものです。
 牧野会長は、原典の正確な理解を基礎に、マルクスの哲学思想について、従来の通説的な理解を乗り越える注目すべき数々の論文を書いてきました。今回のゼミナールでは、牧野会長のこれまでの諸論文を現在の到達点に立って補訂したものに、現在執筆中の新論文を加え『論文集』として冊子にして、それをテキストにマルクスの哲学思想を深く学びます。毎回の講義で、新たな発見があり、マルクスの思想の深さを新鮮に実感することのできる、生誕200年にふさわしいゼミナールになるものと確信しております。多くのみなさんのご参加をよびかけます。

■ 講義日程(予定)とテーマ
① 4月16日(月) マルクスの哲学思想を学ぶ
② 5月 7日(月) 若きマルクスの哲学研究
③ 5月21日(月) 疎外された労働とその克服
④ 6月 4日(月) 新しい唯物論
⑤ 6月18日(月) 世界の変革の哲学
⑥ 7月 2日(月) 史的唯物論の確立
⑦ 8月 6日(月) 人間的社会とは何か
⑧ 8月20日(月) 『資本論』と変革の哲学
⑨ 9月 3日(月) 唯物論と弁証法
⑩ 10月 1日(月) 意識と反映
⑪ 10月15日(月) 自由・平等・協同
⑫ 11月 5日(月) 市民社会と家族
⑬ 11月19日(月) 物神崇拝・物件化・疎外
⑭ 12月 3日(月) 資本主義社会の矛盾
⑮ 12月17日(月) 資本主義社会の変革と将来社会

■期間 4月16日(月)~12月17日(月)、月2回・第1・3月曜日、全15回
      講義時間=午後6時30分~8時30分
■会場 関西勤労協会議室
■講師 牧野広義(阪南大学名誉教授・関西勤労協会長)
■テキスト 『牧野広義マルクス論文集』(勤労協)
[2018/03/07 17:15] | ゼミナール |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR