まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
学習と交流のつどい!
6/25 私市(きさいち)で「学習と交流のつどい」を開催しました。
『危機は転機 平和の敵は無知である』をテーマに学習しました。

西淀川労連副議長の矢野さんに、
今、ニューヨークの国連で行われている
「核兵器禁止条約」の交渉会議に
市民の立場で行かれた様子をスライドを交えて報告していただきました。
DSC07197.jpg

核兵器を禁止しようとするこの画期的な条約は、
世界の市民の運動から動き出しました。

会議には国の代表だけでなく、
市民も対等に参加しているのが
会議室の様子やのぼりやプラカードを見てもリアルに伝わってきました。
 
日本がこの交渉に参加していないことに、
改めて、
今の日本の政治が向かっている方向のゆがみを見ました。
DSC07201.jpg

箕作さんのお話は、北朝鮮の話題から始まりました。

「北朝鮮のことが怖いと言いますが、
まず北朝鮮のことをどれくらい知っていますか?」と切り出され、
北朝鮮の人口やGDP,軍事費が示されました。

確かに、全然知らない!「知らない」ことをまず自覚しましたし、
そこが付け込まれ、
不安が駆り立てられるのだと実感しました

そして、
核不拡散条約や核兵器禁止条約を例に
世界の平和のお話にうつりました。
平和は、スムーズにはいかないけど、
おしつ押し戻されつ、
しかしらせん階段を登る ように、
発展していることがわかりました。  

そこで力を発揮しているのは、
私たち市民と、世界の小国です。  

お二人とも、
この「核兵器禁止条約」の批准運動の大切さを強調されていました。  

午後からは、BBQです。
さまざまな教室からの参加で、楽しかったです。

スポンサーサイト
[2017/06/28 07:01] | 未分類 |
「なつきん40周年」乗鞍に下見に行ってきました!!
今年で40周年を迎える「夏の勤労協大学」

今年も実行委員会で議論し、
8/10夜~13
信州・乗鞍となりました。

講演は、伊藤千尋さんです。

先日、現地下見に行ってきました。
その様子をニュースにしました。

ご覧ください

なつきんにゅーすPNG

PDFバージョンはこちらです。

なつきん下見ニュース① コピー
なつきん下見ニュース② コピー
なつきん下見ニュース③ コピー
なつきん下見ニュース④ コピー
[2017/06/20 13:52] | 未分類 |
第186期資本論入門教室第1回
6月1日、第1回の教室がスタートした。東野先生の分かりやすい講義が好評でした。(^-^)/
商品についての講義でした。

以下講義内容です。↓

資本論教室第1回 ●「商品」から『資本論』は始まる――科学的経済学の第一歩

◎商品の2つの要因-使用価値と価値(価値の実態、価値の大きさ)(第1章 第1節)
  ・使用価値…人間の欲求を満たす有用性のあるもの。
 ・価値…他の商品と交換できる性質をもつ、抽象的人間的労働の凝固物。
【まとめ】1.商品は使用価値と価値を同時に持っている。
2.使用価値を有するが労働生産物で無いものは商品では無い(空気など)
3.労働生産物であっても個人的な使用価値であるものは商品では無い。(日曜大工で作った机など)
4.「物が有用でなければ、それに含まれている労働も無用であり、労働としては数えられず」、したがってなんらの価値も形成しない」

◎商品に表される労働の二重性(具体的有用労働と抽象的人間的労働)(第1章第 2節)
   ・具体的有用労働…使用価値に表される労働。目的、生産様式、対象、手段によって具体的に形が定まった生産的活動(裁縫労働…上着を作る、織布労働…麻糸をリンネルに織る等) それぞれ質が異なる労働。 
   ・抽象的人間的労働…価値に表される労働。労働の有用的性格を度外視したもので、平均的に普通の人間なら誰でも特別の発達無しに肉体のうちに持つ単純な労働力の支出。平均労働と言われ、それぞれ同じ質の労働。
【まとめ】
    全ての労働は一面では、生理学的意味での人間的労働力の支出であり、同等な人間的労働または【抽象的人間的労働というこの属性において労働は商品価値を形成する。】 また他面では、特殊な目的を規定された形態での人間的労働の支出であり【具体的有用労働という属性において労働は使用価値を生産する。】

以上の内容でした。

次回は6月8日午後6時30分~です。
[2017/06/06 20:35] | 資本論入門教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR