まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
第185期日本近現代史教室
第185期 関西労働学校 日本近現代史教室

沖縄のいま―歴史から考える

①2/8  なぜいま沖縄を学ぶのか
②2/15 近代日本のなかの沖縄
③2/22 沖縄戦のなかで
④3/1  米軍支配の始まり
⑤3/8  サンフランシスコ講和と沖縄
⑥3/15 米軍基地の形成・展開と「島ぐるみ」闘争
⑦3/22 ベトナム戦争と復帰運動のなかの沖縄
⑧3/29 復帰後の沖縄
⑨4/5  沖縄と教科書
⑩4/12 「日米同盟」強化と「オール沖縄」


2/8(水)~4/12(水)  
毎週水曜日(全10回)
6:45pm~8:45pm
講師:西尾泰広・他(関西勤労協講師)
会場:関西勤労協会議室(森ノ宮)
テキスト:レジュメ・資料


憲法70年―日本国憲法の制定、公布(1946年11月3日)、
施行(1947年5月3日)から70周年の節目を迎えています。

憲法制定の少し前(1945年)まで
日本は対外戦争を繰り返してきましたが、
その最終盤に激しい地上戦のなかで多数の犠牲者を出したのが
沖縄でした。

こうした悲劇を繰り返してはならないと、
憲法前文には
「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることの
ないようにすることを決意し」と書き込まれました。

憲法前文にはまた
「平和のうちに生存する権利」(平和的生存権)もうたわれています。

その後、
日本に住む私たちは
日本国憲法=「平和憲法」のもとで
70年を過ごしてきたわけですが、
沖縄の人びとはどうでしょうか。

70年前、
占領下とはいえ間接占領であった日本(本土)では、
日本政府の提出した憲法案が
当時の帝国議会で議論され、
修正のうえで
日本国憲法が制定されました。

このとき沖縄は米軍の直接占領下にあり、
帝国議会・衆議院には沖縄選出議員は
存在していませんでした。

日本が「独立」を回復するとき
(1952年4月28日サンフランシスコ平和条約の発効)、
同時に沖縄は日本から切り離されました(平和条約第3条)。

日本(本土)も日米安保体制によって
憲法の完全実施が阻まれていきますが、
沖縄はそもそも日本国憲法のもとになく、
米軍の「銃剣とブルドーザー」によって
人びとは強制的に土地を奪われて、
広大な米軍基地がつくられていきました。

その後、
沖縄の人びとの粘り強いたたかいもあって、
「祖国」日本に復帰します(1972年5月15日)。
しかし、
「平和憲法」のもとにほんとうに復帰できたのでしょうか。
復帰後も今日にいたるまで広大な米軍基地が残されています。

米軍人による犯罪・事故など基地被害が絶えない沖縄では、
平和的生存権が保障されているといえるのでしょうか。

そしていま、
米軍基地建設のために
日本政府が「銃剣とブルドーザー」による
沖縄への圧迫を強化しています。

しかし一方で、
保守・革新の立場をこえた「オール沖縄」による
新しい動きが未来の沖縄をつくろうとしています。

こうした「沖縄のいま」を
歴史的に考えてみたいと思います。

そこから、
日本と世界の平和への展望もひらけてくることでしょう。

多くのみなさんの参加をお待ちしています。
一緒に考える機会にしましょう
スポンサーサイト
[2016/12/25 21:58] | 未分類 |
『宇宙・物質・生命を学ぶ自然科学教室』
自然科学教室イラスト
2017年2月スタート第185期 関西労働学校
全く新しい教室がスタートします!
 
『宇宙・物質・生命を学ぶ自然科学教室』

自然はさまざまな物質でできています。

その物質が特定のむすびつきをもって生命が営まれています。

生命体はすべて、
まわりの自然とかかわりをもちながら生きています。

しかし、生命体のなかで、
自然のあり方を理解しようとするのは人間だけです。

人間は、自然に働きかけ、
自然を自分に役立つものへとつくりかえながら生きてきました。

原始時代から現代まで、
自然を理解することは、
人間にとって必須条件なのです。

現代の自然科学は、
クォークなどの超ミクロの世界から超マクロの宇宙まで、
じつに広範に自然をとらえてきました。

それは、科学技術として人類に大きな成果をもたらすと同時に、
大きな脅威や破滅の危機さえ招いてもいます。

また、あまりにも巨大化し高度化し、
細分化され専門化され、
科学は科学者の仕事であって、
ふつうの人にはとうてい理解しがたいもののようにも
思われています。

現代を生きるものとして、
自然科学を理解しようとすることが大切です。

なぜなら、
第1に、科学は社会を守るからです。
みんなが科学的に考えることができれば、
社会はおかしな方向に流れないはずです。

第2に、科学はなぜと問うことが許されるからです。
さまざまなものごとを自分の問題として
考えることができるようになります。

そして
第3に、科学はおもしろいからです。
人間はものごとを知るようにできているのですから、
科学を理解しようとすることは、
人間が人間らしく生きることにほかなりません。

弁証法的唯物論のものの見方をつらぬきながら、
現代自然科学の到達点の基礎を、
全体的に体系的に学ぶ
―――ほかにはどこにもない自然科学教室です。

槙 野 理 啓  

10回カリキュラム
①自然はどうなっているか
② 私たちの住む星
③ 物質の構造と変化
④ 運動の法則
⑤ エネルギーとは何か
⑥ 生命とは何か
⑦ 生命のしくみ
⑧ アインシュタインが考えたこと
⑨ 宇宙はどうなっているか
⑩ 自然は汲みつくせない

2017年2/7(火)~  
毎週火曜日(全10回)
6:30pm~8:30pm
講師:槙野 理啓(関西勤労協講師)
会場:関西勤労協会議室(森ノ宮)

詳しくは、関西勤労協までお問合せください

[2016/12/25 21:43] | 未分類 |
憲法教室9回目 交流会の様子
憲法教室の前回の交流会は、「学習の友12月号」(P56)~すべての労働者にDecent賃金を~を読み合わせ感想交流しました。

【主な内容】

・地方ほど最低賃金の低さ故に一人暮らしできる若い人がいない(自立して生活できない現状は、憲法の「個人の尊重」に違反している)

・自民党改憲草案では、公的扶助でなく、国民へ自助・共助、公助を押し付け国として社会福祉を行う責任を投げ出している

・労働者の賃金が下がり続ける一方、世帯収入が減り、子育て(教育)に使えるお金が限界にきている
・日本は、女性労働者の2/3が年収300万円に届かず世界でワースト3位(韓国・エストニアに続く)の不名誉な地位

・自治体で働く非正規労働者の賃金が最低賃金スレスレの為、それが公務賃金のベースとなり、保育や介護などで働く人達の賃金が安い原因となっている

以下、主な感想です。


・最低賃金1000円目標というが、それでも一人暮らしできない。1500円を目指さないと。配偶者控除の件でも、所得38万円に対し、65万円の所得控除で合計103万円が壁になっており、女性配偶者が収入を得る手段を低く制限されている。最近、配偶者控除の適用が年収150万円までになったと報道がされているが、自民党の選挙目当ての誤魔化しだ(収入130万円を越せば社会保険に別加入しないといけない)国民ももっと勉強して権利を主張していかないといけない。
・定年退職まで大阪府からの委託事業で働いていた。その当時組合で公務員と同条件を掲げ闘っていた。公契約条例で委託の人件費は最賃以上にする必要あり。今は、中央図書館で非常勤だが、夏季休暇も無く5日は欲しいと団交で要求している。健康診断はあるが、時給が1円も上がらない。又、自民党憲法草案で公的扶助が削られている問題については、国の責任で社会保障する事は当たり前。自己責任の表れが安倍政治だ。
・今すぐどこでも時給1000円、近い将来1500円を目指さないといけない。連合は、地方間格差の最低賃金を残し、しかも平均1000円…これでは国民の生存権は守られない。アメリカでも中央政府が掲げる最低賃金が7.5$だが、その他の州で高い最賃を勝ち取って周りから固めていっている。個別訪問して労働者を組合に引き入れ、企業や自治体と交渉していっている。又、大阪は公務賃金が政令指定都市で一番低く、幸福度ランキングはワースト1位になっている(意外な事に文化ランキングは2位)為、学校の教師のなり手が減り、若手の教職員もフリーエージェント制(5年で他県に転入できる)を使って出ていくので、信州の学校などから若くて優秀な人が大阪から多いと感謝されている。(複雑な心境)おおさか維新の政治が元凶、止めさせないといけない。
・昔働いていた職場では職場は兵庫県なのに本社
のある徳島県の賃金ベースにされていた。
団交で詰めたところ、最低賃金以下だと分かり問題
になった。(残業数十時間して手取り16万円位)
先月から働き始めたが生活保護を受けており、
収入申告書が郵送されてきたが一緒に資産報告と
いう提出義務の無い書類が入っていた。
なんの説明もせず国や自治体はだまし討ちのよう
な事をする、許せない。

…という感想が出されました。
労働者の賃金を底上げする為には、非正規労働者の受け取る最低賃金の底上げが要になってくると思います。
その一致点での要求と行動で頑張っていきたいですね。

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

[2016/12/13 13:47] | 憲法教室 |
📖憲法教室の第7回交流会📖
〜前回の交流会の様子〜

前回の交流会は『絵しりとり』をしました。
14人(事務局も含め)が参加しました、7人対7人の対決をし、片方は事務局が4名プラス受講者3名と片方は受講者7名でバトルが始まりました。まさに事務局対受講者の戦いがありました(ง •̀ω•́)ง✧
先行は事務局チーム!時間は2分の速さが重要かつ絵心を素早く描くスピードの対決です!しかし、やってみると意外と難しいゲームです。お題は「か」から始まる絵しりとりで最初は蚊→柿→木→汽車までいきましたが、ここで止まってしまった事務局チーム!!描き始めたのはヤカンの絵でした!?急いで消して最終的にはパスを選択、次の人にバトンタッチ!汽車の次のは弓矢の矢と続きましたがあと2人が描いてタイムアップ!事務局チームは7ポイント獲得しました。そして受講者チームは発想が豊富な方々が多く受講者チームは事務局チームを追い抜き10ポイント獲得!事務局チームは絶望的な点差で第2ラウンドでリベンジ!しかし、最初のポイントと合わせて17ポイント獲得しました(((◉ˇωˇ◉;)))
そして強敵の受講者チームはポンポンと描いて、途中でも「分かった!!」と言って描き始めまたも描き始めで「分かった!!」となんとチームワークのいい受講者チーム(ง `▽´)╯ハッハッハ!!獲得したポイントは12ポイント!?合計22ポイント獲得し勝者は受講者チーム( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!
結果はどうであれ皆で笑い楽しんだので結果オーライですヽ(゚∀゚)ノ うぇ────ぃ♪
そして今日と来週で憲法教室が終わりに近づいてきました(´;ω;`)ウゥゥ
来週はお食事会を致します、皆で思い出作りに行きましょう!!それでは次回の交流会をお楽しみ下さい!!
続きを読む
[2016/12/03 23:36] | 憲法教室 |
「労働組合基礎教室」7回目
労働組合基礎教室第7回目は
「労働組合の基本的性格と任務」

大衆性、階級性・・・
政治闘争、経済闘争、思想闘争・・・
などなど
コトバが聞きなれない、難しいという感想がだされていましたが
みなさん、内容はしっかりつかまれているようで
もりあがりました。

今回から、交流会は
「働き方と労働組合シリーズ 」
学生のみなさんに
ご自身の働き方や労働組合とのかかわりについて
お話しいただくシリーズです。

今回は、Sさんにお話しいただきました。
タクシーで知り合った方に労働組合というものを
教えてもらい、
今の労働組合にたどりつくまでが
ひとつのドラマでした。

次回も、お楽しみに!

[2016/12/01 21:28] | 労働組合基礎教室 |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。