まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
堺教室
「歴史の真実と日本の針路を考える・堺教室」にお邪魔しました。

「学習の友 別冊~歴史の真実と日本の針路を考える」をテキストに
日本の近現代史を学びます。講師は中田進先生です。
1393684893016.png

日本の右傾化、“戦争する国づくり”すすめられようとする中
歴史認識問題が焦点となっています。

みなさん問題意識をもって
真剣に学ばれていました。

今期の堺教室は男性と女性がちょうど半分半分です。

“橋下・慰安婦発言”のもとで、
現在進行形の女性の苦しみが、橋下発言への怒りとなったというお話には
納得が広がっていました。


テキストに使用されている
この「学習の友 別冊~歴史の真実と日本の針路を考える」
1393684884490.jpg
↑テキストの「学習の友 別冊」と教室ニュースの「すくらむ」

東京裁判、従軍慰安婦問題、
ヘイトスピーチ、靖国問題、
南京大虐殺、歴史教育問題・・・
歴史認識に関する問題が、
分かりやすくコンパクトに
おさめられています。

また、巻末に収録されてる
「河野談話」「村山談話」
国連の「侵略の定義に関する決議」などの資料も
今、本当に役立ちます。

今こそ活用するときです。
おススメです!
スポンサーサイト
[2014/03/04 17:04] | | トラックバック(0) | コメント(1) |
第170期関西労働学校 「暮らしといのちを考える」堺教室のご案内
暮らしといのちを考える「堺教室」
~深まる経済危機! ヨーロッパ、アメリカ、日本…
               そして私たちの暮らしは~


☆日  程=2月9日(木)~4月12日(木)

☆講義時間=午後6時30分~8時30分

☆講  師=中田 進(勤労協講師)

☆テキスト=「暮らし視点の経済学」
        山家悠紀夫著(新日本出版社)

☆会  場=サンスクエア堺
(JR阪和線「堺市駅」下車すぐ)

☆申込み・お問合わせ=関西勤労者教育協会
 TEL:06(6943)1451  E-mail:morikin@helen.ocn.ne.jp



みなさん
 「経済学は苦手!」という方でも、非正規労働者が大阪には45%もいて若者の暮らしも人生も大変ということや、年金支給が70歳に延長?ということに怒りや不安を感じている方が多いと思います。
 2011年3月11日、東日本大震災、大津波で多くの命が奪われ生活と経済活動の基盤が根底から崩されました。そして福島第一原発の過酷事故で放射能汚染の被害が広範囲に及び、いまだ収束していません。原発の底知れぬ恐ろしさに直面し、「安全神話」への怒りと再生可能エネルギーへの期待と関心が広がっています。ところが政府・財界は住民本位の復旧でなく、利潤最優先の論理での被災地の「復興」を国民の税負担ですすめ、反省も本格的な対策もないまま原発再稼働を強行しようとしています。
 この教室では『暮らし視点の経済学』(山家悠紀夫著・新日本出版社)をテキストに経済のしくみと最新の状況を根本から分かりやすく学び、私たちはどうすればいいのかをともに考えます。
 民主党野田首相はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でTPP(環太平洋連携協定)交渉参加を表明しました。日米首脳会談直後にアメリカ側が「野田首相はすべての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せると発言した」と発表。関税がゼロになり日本の農林水産業は壊滅的な打撃を受け、食の安全や医療保険を守る制度も「非関税障壁」だとして撤廃を迫られています。
 一握りの財閥の利益のため無謀な戦争をつづけ破綻した財政のもと、貧困層の怒りが爆発し深刻な政治経済の危機に直面しているアメリカは、日本を標的に農産物をはじめあらゆるサービスを売り込み、危機を乗りきろうとしています。
 ギリシャの経済は、フランスやドイツの軍需産業が大量の武器を売り込み、アメリカなどの大資産家がマネーゲームにより暴利をむさぼった結果破綻したのです。国民にはなんの責任もありません。日本の財政破綻も、総額600兆円を超えるムダな公共事業、銀行への公的資金の注入や、数10兆円の軍事予算などが主な原因です。
 労働者・国民には責任はありません。安定した雇用、充実した社会保障により、暮らしといのちが守られる「ルールある社会」をつくりましょう。 学習を力に!

     中田 進

【講義日程とテーマ】 ※都合により変更もあります。
①2月 9日(木)経済のしくみと私たち…搾取のからくり
②2月16日(木)脱原発社会への道…原発の危険性と再生可能エネルギー
③2月23日(木)3・11「大震災」からの復旧、復興を考える
④3月 1日(木)雇用破壊・「格差と貧困」を生みだした「構造改革」
⑤3月 8日(木)金融危機から経済危機へ…「リーマンショック」と日本経済
⑥3月15日(木)アメリカ中心の経済構造と私たちの暮らし
⑦3月22日(木)大不況下・的外れ政策のオンパレード
⑧3月29日(木)期待を裏切った民主党政権・TPP、社会保障…
⑨4月 5日(木)ギリシャ、イタリア、日本… 財政危機を考える
⑩4月12日(木)暮らしと、いのちの危機を克服する道…「新しい日本」へ
[2011/12/20 20:14] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR