まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
第187期 日本近現代史教室
第187期 日本近現代史教室

核と安保
戦後日本の
原爆・原発・反核運動


10/5(木)~12/14(木)
木曜日にお引越し!
毎週木曜日(全10回)
6:45pm~8:45pm
講師:森下 徹・西尾泰広(関西勤労協講師)
会場:関西勤労協会議室(森ノ宮)
テキスト:レジュメ・資料(500円)

近現代187

①10/5 はじめに―核兵器禁止条約ができた!
②10/12 原子爆弾―ヒロシマ、ナガサキ
③10/19 冷戦激化と核軍拡競争のなかで(1)朝鮮戦争とストックホルムアピール
④10/26 冷戦激化と核軍拡競争のなかで(2)ビキニ事件と原水爆禁止運動
⑤11/2 日米安保と核密約
⑥11/9 反核平和運動と非核三原則
⑦11/16 北朝鮮核開発問題を考える―東北アジア非核化へ
⑧11/30 フクシマ原発事故への道―原発問題を考える(1)「原子力平和利用」の開始
⑨12/7 フクシマ原発事故への道―原発問題を考える(2)原子力発電所と地域社会
⑩12/14 おわりに―核兵器も原発もない未来へ

核兵器が開発され、初めて実戦使用―広島と長崎へ原爆が投下―された1945年から72年が経ちました。原爆投下の年(第二次世界大戦終結の年)に国際連合が設立され、その第1回総会が翌1946年に開かれました。第1回国連総会での最初の国際合意(第1号決議)は、「原子兵器および他のすべての大量破壊兵器を核国の軍備から除去する」ことを求めるものでした。
核兵器廃絶は戦後国際社会の原点だったのですが、しかしその後の米ソ核軍拡競争などにより核兵器保有国も増え、核兵器の増大・強化がすすめられてしまいました。そして今も世界に1万5千発余の核兵器が存在します(2016年、核弾頭数)。
一方、第二次世界大戦後、ヒロシマ・ナガサキの「唯一の戦争被爆国」日本では被爆者などを中心に原水爆禁止=核兵器廃絶運動がおこなわれ、また世界的にも反核平和運動が継続して取り組まれてきました。こうした核兵器をめぐるはげしいせめぎあいの結果、今年ついに国連加盟国の約三分の二の国が賛成して核兵器禁止条約が採択されました(2017年7月国連会議)。
歴史的な核兵器禁止条約の採択を受けて、「核兵器のない世界」を現実のものとする取り組みの強化が求められています。「唯一の被爆国」でありながら、日米安保の「核の傘」のもとで核兵器禁止条約に背を向ける日本政府の態度についても歴史的に検討することが必要です。核兵器をめぐるせめぎあいの戦後日本史について考えてみたいと思います。
また、2011年の3・11フクシマ原発事故発生から6年以上が経過しましたが、今なお故郷に戻って元どおりの生活を営むことが出来ずにいる多くの人びとがいます。原子力発電はどのようにして日本で導入され、各地に原子力発電所がつくられていったのでしょうか。軍事利用としての核兵器の問題とともに、もう一つの核の利用=「平和利用」である原発問題についても歴史的に考えてみたいと思います。
人類の生存を脅かす「核」―軍事利用=核兵器と平和利用=原発―のない未来にむけて、ともに歴史を学びたいと思います。
多くの方のご参加をお待ちしています。
スポンサーサイト
[2017/08/09 23:34] | その他 |
労働学校ニュース7/17号編集後記より
片づけしていたらすき間から
1998年の「キンキキッズ」のコンサートチケットが出てきました。
そういや知り合いにチケットあまってるからってもらって行ったな~。

キンキキッズは今年20周年。
そんなになるのか~
私の周りにも毎年彼らのコンサートに行くのを
楽しみにしている人がいてます。
これを機会に久々にキンキのデビューアルバムを聞きなおそ。
どっかにあるはず

「〇〇周年」って単なる数字のくぎりにすぎないのですが、
長年続いているってことはそれだけでもスゴイこと。
続くには続くだけの意味がきっとあるのだと思うんですが、
普段なかなかそのことを考える機会ってないわけで・・・
「○○周年」という区切りで、
その意味や歴史を振り返るって意義深いのかもしれません。
再発見ってこともあるでしょう

勤労協がらみでいうと、
目下ふたつの「○○周年」があります。

ひとつめは夏の勤労協大学「40周年」。
自然の中で、学習し、交流し、めいいっぱい遊ぶ。
そんな人間らしい企画です。
8月のお盆に今年も開催します

もう一つは『資本論150周年記念学習集会、
資本主義の本質を見抜いた『資本論』は
150年もの間、労働者に力を与えています。

その『資本論』150周年を記念した集会を開きます
せっかくの機会なので
「○○周年」にみなさんも参加しませんか(マ)

-----『労働学校ニュース』7月17日号 編集後記より
[2017/07/22 13:25] | その他 |
『自然科学教室』プレ企画
科学

自然科学教室 プレ企画のお知らせです。

「科学の今とニセ科学」

1月31日(火)19時
お話:槙野理啓さん
会場:関西勤労協(森ノ宮)
参加費無料
プレ企画は申し込みは不要です!
[2017/01/24 16:50] | その他 |
基礎理論学習会
12日に『現代を生きる基礎理論』の読みあわせ学習会がありました。
今回は、第3課「社会と歴史を科学する」
それぞれに違う意識をもつ人間がつくりあげている社会にも発展法則があること(史的唯物論)を学びました。
読みあわせの後は、みんなで感想交流
「歴史を英雄が動かしているという見方が多いが、そうではなく法則性があるというのを発見したのはスゴイ」「法則性を発見する前提として人間が生活しなければならないというところに着目しているのはスゴイ」「やっぱり思想闘争は大事だ」といった感想がでたり、「生産力と生産関係の矛盾」は今の資本主義社会ではどういう形ででているのかという疑問に、資本主義での格差問題や日本での矛盾の現れ方のひどさなどが議論になったりしました。また、去年の戦争法反対のたたかいも史的唯物論の見方をすることが大切だという話になりました。
社会・歴史を科学的にみる見方を皆で学ぶことで、いろいろな視点から議論できました。これが『現代を生きる基礎理論』を集団学習する魅力ですね。

次回は、1月26日(火)19時から、勤労協で行います。
次からは経済学分野に突入します。第4課は「資本主義と搾取のしくみ」です。
参加費無料で、テキストも勤労協で購入可能です。
ぜひご参加ください♪
[2016/01/16 16:00] | その他 |
関西労働学校60周年
関西労働学校は今年60周年!

それを記念して文集を作りました。

過去現在の関西労働学校の学生さんに
思いを寄せていただきました。

ありがとうございました。



文集2
[2015/10/11 20:49] | その他 |
次のページ
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR