まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
『186期 日本近現代史教室』ご案内
第186期日本近現代史教室

学び舎「ともに学ぶ人間の歴史」を読む

学び舎「ともに学ぶ人間の歴史」とは?・・・
民主的な現場教師が集団的につくりあげた
中学校の歴史教科書で、実際に使われています

5/31(水)~8/2(水)  
毎週水曜日(全10回)
6:45pm~8:45pm
講師:西尾 泰広 他(勤労協講師)
会場:関西勤労協会議室(森ノ宮)
テキスト:『ともに学ぶ人間の歴史』+資料

① 5/31 歴史教科書をめぐる対抗
―学び舎と育鵬社―
② 6/ 7 第6章 世界は近代へ
③ 6/14 第7章 近代国家へと歩む日本(1)
④ 6/21 第7章 近代国家へと歩む日本(2)
⑤ 6/28 第8章 帝国主義の時代(1)
⑥ 7/ 5 第8章 帝国主義の時代(2)
⑦ 7/12 第9章 第2次世界大戦の時代(1)
⑧ 7/19 第9章 第2次世界大戦の時代(2)
⑨ 7/26 第10章 現代の日本と世界(1)
⑩ 8/ 2 第10章 現代の日本と世界(2)

いま(2017/03/09 現在)、世間のもっとも注目をあつめている大阪発のニュースと言 えば、森友学園をめぐる一連の騒動である。賄賂や政治力を使って、国民の財産である国 有地をタダ同然で手に入れ、虚偽の申請で国の補助金をだまし取るような輩が、「教育者」 として、「愛国心」や「道徳」を説き、日本人の誇りなどとのたまう。その根本には、戦後、 衆参両院において明確に否定された「教育勅語」があり、韓国や中国へのヘイト思想を隠 そうともしない。こうした教育方針に、安倍首相は共鳴し、首相夫人は名誉校長に名を連 ねた。橋下・維新も府審議会の審査基準を改定し、小学校設置を後押しした。

森友学園のケースは、極端な事例といえるかも知れないが、愛国心を強調し、道徳の教 科化をすすめ、育鵬社版の歴史教科書を後押しする安倍政権や大阪維新の目指す教育のい きつく先を示しているようにも思われる。

もちろんこうした現状や歴史観を批判し、育鵬社歴史教科書の採択を許さない活動をす すめることは大事なことであるが(育鵬社採択が集中している大阪ではとくに)、よりよい 教科書をつくり、広げ、こどもたちや私たち自身が豊かな歴史認識を育てていくことも、 また重要なのではないだろうか。

本教室でとりあげる、学び舎の中学校歴史教科書『ともに学ぶ人間の歴史』は、①子ど もや女性に光を当て、②時代を生きる人々の姿、新しい時代を開く民衆の声をいきいきと とらえ、③東アジアそして世界からの目で日本史を把握し、④戦争の現実を見据え、平和 を考え、⑤主権者として現在の課題に向きあう、ことを目指して編集されたものである。 現場の先生たちが、長年の教育実践を踏まえて執筆されていることもあって、テーマ選択 や叙述スタイルにも工夫を凝らし、中学生はもちろんのこと、大人にとっても読み応えが あり、学びがいのある「教科書」に仕上がっている。一読すれば、歴史教科書のイメージ が一新されること間違いなし!

今年 5 月 3 日には、憲法施行 70 年を迎える。「平和憲法」の危機的な状況を打開し、 日本とアジア、そして世界の平和な未来を築いてくために、この教科書をともに学びあい たいと思う。

aligncenter size-full wp-image-2345
スポンサーサイト
[2017/05/24 22:02] | 近現代史教室 |
185期日本近現代史教室9回目
 185期日本近現代史教室の第9回講義が4月5日に行われました。講義タイトルは「沖縄と教科書」でした。
 
 戦後の3次にわたる教科書攻撃をその背景も含めて学習しました。第3次攻撃は、1990年代半ばから今も続いています。
 沖縄戦で起こされた「日本軍による住民殺害」と「集団自決」の、教科書への記述が大きな争点となってきました。これらをできるだけ知らせたくない勢力は、日本の戦争の事実を記述している教科書を「自虐史観」だと攻撃し、教科書会社は教科書が出版できないと倒産の危機になるので、当たり障りのない記述をするようになってしまします。それでも、しっかりと事実を伝えようと、現場の教師たちが長年の教育実践を踏まえて作ったのが、来期の日本近現代史教室でテキストとして使用する、学び舎版中学歴史教科書「ともに学ぶ人間の歴史」です。

 沖縄では、この教科書闘争の中で、沖縄戦経験者の方々が、「自分たちがしゃべらなければ、事実が残らない」と、それまで、口に出すこともつらかった沖縄戦での経験を証言し始めます。当時は、保守と革新の対立があった沖縄でしたが、この問題では、その垣根を越えて、県議会の全会一致をはじめとして、全41市町村で意見書が採択されるという、オール沖縄へとつながる流れもあったということを学びました。

 いよいよ、185期日本近現代史教室も次で最終回です。講義テーマは「『日米同盟』強化と『オール沖縄』」です。

毎回、感想交流後に行っている交流会、今回は、近くの講演で、夜桜を見ながらわいわいと交流しました。まだ満開には程遠い桜でしたが、それでも咲き始めていましたので、十分に花見気分を味わえました。

[2017/04/10 22:48] | 近現代史教室 |
185期日本近現代史教室第8回講義
 185期日本近現代史教室の第8回講義が3月29日に行われました。講義タイトルは「復帰後の沖縄」でした。
 
 「核抜き 本土並み」の復帰の願いは、密約で踏みにじられ、日本復帰後も、基地の島とさせられた沖縄。その背景と、それに屈せず、再び「島ぐるみ」でたたかいつづけた沖縄の姿を学びました。

 いよいよ、185期日本近現代史教室も残り2回。第9回目の講義は、公開講義としますので、どなたでも気軽にお越しください。
 4月5日(水)午後6時45分からです。テーマは「沖縄と教科書」です。

 学習指導要領の問題も様々に出ているこのごろ。186期は、学び舎版歴史教科書「ともに学ぶ人間の歴史」を使って学びます。
 教科書問題が大きく問題となったきっかけは、沖縄戦などの記述をめぐってでした。4月5日の講義では、そのことを中心にしっかりと学びます。

毎回、感想交流後に行っている交流会、今回は、「科学のイメージ」をテーマに行いました。
「科学的にものを見る」とはどのようなことか?!など、今問題となっている、カジノなどのことも交えて時間が足りないぐらいいろいろな話が出されました。
[2017/04/04 23:43] | 近現代史教室 |
185期日本近現代史教室7回目
 185期日本近現代史教室の第7回講義が3月22日に行われました。講義タイトルは「ベトナム戦争と復帰運動のなかの沖縄」でした。
 
 1960年代から1970年にかけての時代の出来事を学びました。
 ベトナム戦争にアメリカが本格的に介入していくことで、沖縄は最前線基地としての役割を担わされました。そのため、戦闘機、爆撃機、給油機などの配備と飛行が激増し、道路も米軍がわがもの顔で使用し、様々な事件が起こされました。信号を渡っていた中学生が、信号無視でつっこんできた米軍車両に轢殺された事件。空からトレーラーが落ちてきて下にいた小学生が圧死する事件。などなど、想像を絶する事件が起こされ、しかもその犯人はしっかりと裁かれることはありませんでした。

 このような状況の中、「アメリカ軍が人殺しをするために沖縄の土地を使わすわけにいかない」と、土地を守ることと、ベトナム戦争反対の運動とが結合していきます。
 そして、基地のない沖縄を目指し、日本復帰を果たすことをかかげて、復帰運動が発展し、本土との連帯も進みました。

 次回講義は、「復帰後の沖縄」がテーマで、不可能と言われた、沖縄の日本復帰を勝ち取ってからの沖縄を学びます。
 
また、第9回目の講義を公開講義としますので、どなたでも気軽にお越しください。
 4月5日(水)午後6時45分からです。テーマは「沖縄と教科書」です。

毎回、感想交流後に行っている交流会、今回は、来期の呼び掛け文を皆さんで、読んでみて感想など出し合いました。
今話題の「森友学園」「森友学園の予定地の見学体験」「瑞穂の國小学院」「学校の木造建だと、補助金が出る」「塚本幼稚園児の教育勅語の暗唱・運動会の安倍首相の宣誓(エール)」「君が代・国家」「日の丸」「育鵬社の教科書は、海外では通用しない!!」など話がつきない交流会となりました。「教育勅語」をスマホで現代風に読んでもらい、背筋が冷たくなるような内容でした。

[2017/03/28 22:08] | 近現代史教室 |
185期日本近現代史教室6回目
 185期日本近現代史教室の第6回講義が3月15日に行われました。講義タイトルは「米軍基地の形成・展開と『島ぐるみ』闘争」でした。
 1952年にサンフランシスコ講和条約が発効し、沖縄が日本から切り離されると、それまで日本本土にあった米軍基地が沖縄に集中していきます。その過程で「銃剣とブルドーザー」といわれた、激しい住民排除のリアルな状況をいっぱい講義で聞きました。
 「なぜ、そんなに非人間的なことができるのか!」という憤りの声もありましたが、「軍隊とはそういうものなんだ」ということも出されました。このように考えると、「戦争につながる全てのものに反対」ということが、本当に重要なことだと感じます。
 
 次回講義は、3月22日「ベトナム戦争と復帰運動のなかの沖縄」です。
 また、第9回目の講義を公開講義としますので、どなたでも気軽にお越しください。
 4月5日(水)午後6時45分からです。テーマは「沖縄と教科書」です。

毎回、感想交流後に行っている交流会は今回、お食事交流会第3弾。恒例の一言発言は「桜でイメージすることは?」でした。その話題から、入試の話や子どもの話、仕事の話などいろいろな話題に広がりました。

[2017/03/21 22:25] | 近現代史教室 |
次のページ
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR