まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
第187期 全体プレ企画
187期全体プレネット用

(((((第187期 関西労働学校 全体プレ企画))))))
朝から「お疲れさま」って
どうしてこんなに忙しいのか

今や日本は、朝から「お疲れ様です」が飛びかう社会です。
長時間労働、休みがとれない…
人間関係もギスギスしがち。

どうしてこんなに忙しいのか。  
         
10月から始まる第187期労働学校にさきがけ
プレ企画で一緒に考えてみませんか。
お気軽にお越しください!
------------------------------------------
●全体プレ企画●
日時:9/29(金) 19時
講演:箕作勝則さん(勤労協講師)
会場:関西勤労協(森ノ宮)
参加費:無料

お問合せ
関西勤労協
電話:06-6943-1451



スポンサーサイト
[2017/09/12 14:30] | お知らせ |
労働学校ひろげるつどい


10月から始まる第187期関西労働学校。

今、募集の真っ最中です。

今回の募集の時期は、
運営事務局以外の広げる会員の皆さんの力も借りながら
より関西労働学校を広げていこう!ということで
毎週、金曜日に
「労働学校ひろげるつどい」を開催しています。

まずは、30分間は学習をし、
そのあと30分間で、さまざまな取り組みなどを交流していきます。

今回は、都島区の学習サークルぷよぷよの学習会ともコラボ。

いつも以上に、多くの人の参加で、
楽しいつどいとなりました。

学習は、『学習の友』9月号。

交流では、
この間、労働学校を訴えに行った方のようすが出されましたが
私たちが思っている以上に労働学校の魅力を語ってくれる方もいて、
元気がでました。

そのあと、ちょっとだけ花火をし、
飲み会へと突入。

とっても楽しいつどいでした。

来週金曜日もやりますよ!
11.jpg


[2017/09/02 16:02] | お知らせ |
第187期関西労働学校 プレ企画のお知らせ
第187期関西労働学校 プレ企画のお知らせ

◆日本近現代史教室プレ企画◆9/28(木)19時
「核兵器廃絶への道――市民社会の力」 
  お話:岩田幸雄さん(大阪原水協理事長)

◆全体プレ企画◆9/29(金)19時
朝から「お疲れさま」ってーーどうしてこんなに忙しいのか
  お話:箕作勝則さん(憲法教室・労働組合教室講師)

◆憲法教室プレ企画◆10/3(火)19時
「今こそ危ない憲法」 
お話:箕作勝則さん(憲法教室・労働組合教室講師)

◆『資本論』入門教室プレ企画◆10/4(水)19時
『資本論』てどんな本?! 
  お話:東野宏昭さん(『資本論』入門教室講師)


いずれのプレ企画も、会場は、関西勤労協です。
参加費は無料です。
[2017/08/27 15:39] | お知らせ |
第187期・資本論入門教室
『資本論』発刊150年記念
第187期・資本論入門教室

2017年10/11(水)~
毎週水曜日(全10回)
6:30pm~8:30pm
講師:東野宏昭(関西勤労協講師)
会場:関西勤労協会議室(森ノ宮)
テキスト:『テキスト』(勤労協)
資本論


カリキュラム
①「商品」から『資本論』は始まる
―科学的経済学の第一歩
②商品と貨幣
―どのようにして商品から貨幣が生まれるのか
③商品生産社会
―なぜ、モノとカネが支配する社会になるのか
④貨幣と資本
―資本は、最初は貨幣として現われる
⑤労働者は資本家に何を売るのか
―労働力が商品になる
⑥資本と剰余価値
―資本主義の搾取の仕組みの解明
⑦労働時間の短縮こそ先決条件
―イギリスの労働時間短縮闘争に学ぶ
⑧労働の生産力はどのように発展するか
―協業、分業そして産業革命
⑨機械制大工業と労働者
―未来社会の担い手の成長・発展
⑩資本主義の発展の歴史的傾向
―労働者階級の人類史的使命

発刊150年の『資本論』、楽しく学んで元気に

いま私たちが生きているこの資本主義の社会は、
いったいどんな社会なのでしょうか。
マルクスは、人類社会の歴史とその発展を徹底的に研究しました。
そして、
人類社会の長い大きな発展のなかで
資本主義はどのような位置を占めるのかを『資本論』で明らかにしたのです。
『資本論』第1巻がドイツで出版されたのが、
1867年9月14日、150年前のことです。
日本では徳川第15代将軍慶喜が大政奉還をした慶応3年のことです。
そんな古い時代の書物を読んで何になるのか、
と思われるかも知れません。
しかし、
なぜ、
そんな古い本が、今なお、世界中で読みつがれ、
学び続けられているのでしょうか。
その秘密は、
『資本論』が、資本主義の本質をつきとめているからです。
マルクスは、資本主義では貧困や労働苦が増大するけれども、
労働者は、訓練され、結合され、
組織され、たたかい、必ず搾取も抑圧もない未来社会を到来させる、
ということを明らかにしました。
本教室では、
マルクスがどのように資本主義の本質を解明していったか、
を学んでゆきます。
本質をつかめば、
人間は強くなります。
少々のことでへこたれません。
本質は必ず現象し、現実となるからです。
私は、
第171期から、吉井清文先生(関西勤労協・名誉会長)のあとを引き継いで、
経済学教室を担当させてもらっています。
受講生の皆さんの暖かい励ましが、
私の元気の源泉となっています。
発刊150年の2017年。
この機会に、あなたも、
楽しく元気に『資本論』を学んでみませんか。
あまり難しく考えないで、気軽にご参加ください。
東野 宏昭
[2017/08/09 23:33] | お知らせ |
第187期  憲法教室
第187期  憲法教室

10/10(火)~毎週火曜日(全10回)
6:30pm~8:30pm
講師:箕作勝則 他(関西勤労協講師)
会場:関西勤労協会議室(森ノ宮)
テキスト:レジュメ
『学習の友』憲法別冊(友社)500円
憲法187


①改憲勢力のたくらみとその手法
②憲法とはなにか
③世界に輝く憲法9条
④諸悪の根源、安保
⑤人間らしく生きるために
⑥労働組合ってすごい!
⑦シュケンはわれらに
⑧すべての子どもたちのために
⑨女性の権利宣言
⑩社会は変わる 憲法を力に


昨年の参議院選挙の結果、衆参両院で改憲勢力が3分の2の議席を確保しました。
憲法「改正」を党是とする自民党において、その最右翼である安倍政権が「いよいよ改憲だ!」と小躍りしたのではないでしょうか。
しかし、その後の森友問題、加計問題、共謀罪の強行、南スーダンPKOでの陸上自衛隊の日報隠ぺい問題と相次ぐ疑惑や暴走に、国民の怒りが沸騰、都議選での自民歴史的大敗、安倍政権の支持率低下と、彼らの思うようにすすんでいません。
憲法記念日には苦し紛れの奇策、「憲法9条に3項を付け加え自衛隊を明記」と言い出しました。この狙いは一体なんでしょうか。
一見場当たり的な発言に与党内部からも批判の声が上がりました。しかし、実はここに巧妙な罠が仕掛けられています。
この改憲案に賛成すれば安保法の自衛隊を認めることになり、反対すれば自衛隊の存在そのものを認めないということになる、震災支援などで活躍する自衛隊を容認する多くの国民は、賛成も反対もできないジレンマに陥ります。
わたしたちはどうすればいいでしょうか。
ひとつは近代憲法とはどのようなものか、これを今一度学ぶ必要があるでしょう。そして日本国憲法の精神とは何か、ここに立ち返ることではないでしょうか。
いまわたしたちは改憲勢力を追い詰めています。彼らには時間がありません。
わたしたちがしっかりと学び、世論を正しい方向に導くことができれば、国民投票前に安倍政権を倒すことが可能です。
多くの人々にこの教室でともに学ぶことを呼びかけます。
シュケンは我らにあり。
 
箕作 勝則
[2017/08/09 23:31] | お知らせ |
次のページ
プロフィール

関西労働学校

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。