まいど! 関西労働学校です
人間らしく生きるために 社会と人間の根本を学ぶ
183期日本近現代史教室第9回講義
183期日本近現代史教室の第9回講義が7月27日に、「[現代]現代の日本と世界⑴」をテーマに行われました。
 
 前回やり残しの、戦争終結のところからでした。
 学び舎版では、日本が降伏するまでの経過が描かれていて、国体護持のために降伏の時期が延ばされ、その間に、竹やりの特訓や松代大本営の設営が行われていたことにも触れられています。
 戦後、GHQによる民主化政策がある程度行われましたが、それ以前から日本国内において、ある一定の民主化への動きがあったということも学びました。女性参政権に向けての運動や、民主教育などは、GHQによる押し付けでないことがはっきりとわかりました。
日本国憲法の制定に関しても、GHQが原案を作ったということは事実ですが、それそのままではなく、当時の選挙で選ばれた議員による徹底した審議で、かなり重要な訂正、追加(25条の生存権や、義務教育の範囲拡張など)がされ、反対を押さえつけるようなことのない民主的な採択によって(実際反対した議員が数名いました。)日本国憲法が制定され、その後にもいくらでも変えることはできたのに、政府も国民もずっと変えないということを選んできたということからも、原案がGHQ作成であったということだけを取って「押し付けられた憲法」ということにはならないということを学びました。

しかし、戦後処理の問題で、アメリカのアジア戦略の下、講和が片面講和になり、中国、韓国、北朝鮮などのもっとも日本が被害を与えた国々との講和が先延ばしとなった事で(北朝鮮とはいまだに国交は回復していません)、中国残留孤児問題などの解決が先延ばしとされたことによって複雑化してしまった問題も出てしまったということです。

今回の交流会では、学び舎版教科書で学んで思ったことを自由に出し合いました。その中で、「一家に一冊」ということが出されました。この教科書を材料にして、親子、家族で色々と話をすることができるということが言われていました。

 次回(第10回)講義は、7月27日で、「[現代]現代の日本と世界⑵」です。いよいよ、183期日本近現代史教室の最終回です。

 
スポンサーサイト
[2016/08/02 22:27] | 近現代史教室 |
第184期関西労働学校
2016年10月スタートの
第184期関西労働学校
教室ランナップ
(各教室・全10回)

□□□森ノ宮教室□□□
★火曜日 「憲法」教室   箕作勝則さん他  10/11~
テキスト:『勤労者通信大学・憲法コース教科書』

★水曜日 『賃金・価格および利潤』を学ぶ 経済学教室 東野宏昭さん 10/5~
テキスト:マルクス『賃金・価格および利潤』(新日本出版社)

★木曜日 戦後史の岐路とケンポウ 日本近現代史教室  西尾泰広さん他 10/6~

★金曜日 労働組合基礎教室  勤労協チューター団  10/14~

□□□地域教室□□□
☆木曜日 世界は変えられる 堺・哲学教室 中田進さん 10/6~
テキスト:牧野広義著『世界は変えられる―マルクスの哲学への案内』(学習の友社)

☆毎週月曜日 西淀川・基礎理論教室  中田進さん  10/3~
テキスト『現代を生きる基礎理論』(学習の友社)
[2016/07/31 13:49] | お知らせ |
世界は変えられる教室第9回
哲学教室第9回目は、「世界史と人間の自由の発展」というテーマで学びました。

ヘーゲルが世界史の発展はとらえていたものの、それが何によって、なぜ発展してきたのかを把握できずにいたのに対して、マルクスが生産様式の発展から歴史をとらえたことを学びました。
ほかにも、ヘーゲルが世界史は「自由の意識における進歩」だといったのに対して、マルクスが人間の労働と生産様式の発展が人間の自由を発展させると考えていたことをあらゆる自由について学ぶことで深めました。
社会・歴史を科学的にみると、すごく元気になって来ますが、そのことを改めて実感できる講義でした!!

交流会は、『学習の友』8月号を使った読みあわせ学習をしました。読んだのは、何といっても私たち勤労協でもっている新連載の「現代を生きる基礎理論」です。この記事を読んで、労働学校に初めて参加したときの思いなどを交流したりしました。多くの方に、読んでもらいたい連載です!

さて、来週(8月4日)はいよいよ最終回。最終回は、公開講義として、誰でも参加できるものにしています。今の資本主義を徹底的に学ぶ中で見えてくる将来社会について学びます。ぜひ、ご参加ください♪
[2016/07/30 13:32] | 哲学教室 |
経済学教室 第8回
経済学教室も早いもので8回目です。
前回は、
「資本家の儲けはどこから生まれるのか」
「賃金形態が搾取を覆い隠す」
という資本主義の本質に迫るテーマでしたが

今回は、資本家と労働者の階級対立が
図によってわかりやすく示されていきました。

そして、ここでようやく
『賃金・価格および利潤』のはじめにでてきた
ウエストン君の
「賃金あげても物価があがるだけだ。
賃上げなんか無駄や」
という主張に対する
ズバッと反論がなされました!

気持ちいい!



交流会では、再び「ククゲーム」
しかし、初回ではわからなかったルールにてこずり
時間切れ。
なかなか奥深いゲームということが
わかりました。
でも、楽しかったです。
[2016/07/28 23:33] | 経済学教室 |
183期日本近現代史教室第8回講義
 183期日本近現代史教室の第8回講義が7月20日に、「[二つの世界大戦]第2次世界大戦の時代⑵」をテーマに行われました。
 第2次世界大戦の開戦から終戦までの時代を学びました。
 学び舎版の歴史教科書には、戦争の悲惨さ、恐ろしさがリアルに描かれていました。日本が宣言していた「大東亜共栄圏」の欺瞞と、アメリカでは「早く戦争を終わらせるために原爆を落とした」といわれていることのウソについてもしっかりと書かれています。
 また、オードリー・ヘプバーンがオランダで、ドイツ占領軍に対する抵抗運動(レジスタンス)に加わっていたということも出てきて、「初めて知った」など、感想討論の中でも話題になりました。

 交流会は、「選挙カフェⅡ」ということで、参議院選挙を終えて、思っていることを出し合いました。
 皆さん色々と思いがあり、自然に話が進みました。
お菓子も用意しましての交流会で、皆さんおなかが減っていたのか、みるみるうちに無くなっていました。それもあって、ざっくばらんに話がしやすくなっていたのでしょうか。

 次回(第9回)講義は、7月27日で、「[現代]現代の日本と世界⑴」です。

 いよいよ、183期日本近現代史教室も残すところ2回となりました。
[2016/07/25 22:39] | 近現代史教室 |
次のページ
プロフィール

Author:関西労働学校
働くものにふさわしいものの見方・考え方・そして変え方をみんなで一緒に学ぶ学校です。

主催:関西勤労者教育協会
   大阪市中央区森ノ宮中央1-14-17
   ICB森ノ宮ビル402号
   電話 06(6943)1451

カテゴリ

カウンター

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR